プロフィール

JuJuママ

Author:JuJuママ
パパとJuJuママ
7チワちゃん2BUHIの
2人+9匹家族♪


大阪府在住♪


★7CHIWA+2BUHI★


★長男…わち 14才★
1997.11.3生まれ
2012,10,2 虹の橋へ…  
享年14才11ヶ月 DSC_0075-1.jpg   
★長女…クレア 18才★
1998.9.18生まれ
2017.1.2 虹の橋ヘ
享年18才4ヶ月 curea-1.jpg
★次女…みみん 14才★
2001.4. 6生まれ
2015.6.25虹の橋へ
享年14才2ヶ月 mimin-1.jpg
★次男…もおも 13才★
2004.11.20生まれ DSC_0330-1.jpg
★三女…ありん 12才★
2005.11.10生まれ arin-1.jpg
★四女…こもも 12才★
2005.11.27生まれ 0806-gg-1.jpg
★三男…はあむ 10才★
2006.6.18生まれ haamu-1.jpg
★五女…ちふか 10才★
2007.1.29生まれ chibi 5408-1
★六女…しいな 9才★
2008.5.18生まれ DSC_0159-1.jpg

お友達リンク


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日2回の通院はハードだった…

若くないって実感した(笑)


でも車が揺れる度に、ちふかはもっと痛くて大変だったと思う。。。


病院へ行く度、漿液でビチョピチョになったガーゼを交換する。

漿液の量だけじゃなく、膿のにおいがしないか…等、細かく診て下さる。


ドレーンがずっと入っているから、そこから空気が入ってきてしまい

ちふかの両足が浮腫み、握るとぶちぶちと空気がわかる。


先生とちふかを立たせて足をマッサージすると

ドレーンの先からポタポタと漿液が落ちてくる。。。


この状況が6日続いた。


おうちでは…

20131004-3.jpg

20131004-4.jpg


特に何もできず…

足の浮腫みがなくなるようにマッサージを。

でもマッサージをしてもしても空気のプチプチは消えず。


漿液がこんな出るのが心配だったけど

これだけの大手術なら出て当然だし、中に溜まると

縫っている部分によくないから出る分は出してしまう方がいいと。


9/29から通院が1日1回に。


手術後、ちふかの傷を初めて見た。

20131004-5.jpg


20131004-7.jpg


前の大手術の時よりもひどくて絶句でした。。。


でもこれだけの大手術を頑張って乗り越えたちふかを

「本当にすごい!」とこの時思いました。

本当によく頑張ってくれました(涙)


横に縫ってある傷は縦にだけ切ると皮膚がぱっつんぱっつんになって

ちふか自身も息苦しい、お腹も締め付けられている感が大きいらしいので

横は皮膚のみを切って、縦に引きつるのを軽減させるためだそうです。


100針以上?と不思議だったけど、この傷を見たら

内膜と合わせて100針以上にはなるね…

20131004-9.jpg



どの先生も「ちふかちゃん本当によく頑張ったね」と言われます。

私が思っていたよりも大手術で、ちふかの頑張りも生命力も

すごかったんだって思い知りました。



そして嬉しい事も。

CT画像は改めて、CT専門の所へ診断を依頼されるんだけど

先生から頂いた「CT画像診断結果報告書」には

★読影所見★

  異常認められず。
 
  胸部…異常認めず。

  腹部…異常認めず。


★診断・コメント★

  異常認めず。

  本例の胸部、腹部において転移、播種を疑う所見は認められず

  腫瘍病巣の外科的切除により根治の可能性が高いと思われます。

  微細な転移病巣についてはCTでも検出されないことがあり、

  念のため術後の検診は必要です。




先生に聞くとCTでも5mm以下だとわからない病巣もあると…

でも「今、できることはもう十分してあげてるから」と。



本当に「根治」でありますように。

ちふかはこんなに頑張ったんだから…


心配は尽きないと思います。

これからもずっと。


でもこんな大手術を頑張れたちふかには強い生命力があるんだと

信じるしかないと思っています。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。