プロフィール

JuJuママ

Author:JuJuママ
パパとJuJuママ
7チワちゃん2BUHIの
2人+9匹家族♪


大阪府在住♪


★7CHIWA+2BUHI★


★長男…わち 14才★
1997.11.3生まれ
2012,10,2 虹の橋へ…  
享年14才11ヶ月 DSC_0075-1.jpg   
★長女…クレア 18才★
1998.9.18生まれ
2017.1.2 虹の橋ヘ
享年18才4ヶ月 curea-1.jpg
★次女…みみん 14才★
2001.4. 6生まれ
2015.6.25虹の橋へ
享年14才2ヶ月 mimin-1.jpg
★次男…もおも 13才★
2004.11.20生まれ DSC_0330-1.jpg
★三女…ありん 12才★
2005.11.10生まれ arin-1.jpg
★四女…こもも 12才★
2005.11.27生まれ 0806-gg-1.jpg
★三男…はあむ 10才★
2006.6.18生まれ haamu-1.jpg
★五女…ちふか 10才★
2007.1.29生まれ chibi 5408-1
★六女…しいな 9才★
2008.5.18生まれ DSC_0159-1.jpg

お友達リンク


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月2日のつづき…


おうちへ帰って心配して待っていた主人に先生から聞いた事を話す。

そして「万が一、転移があった時はもう手術はしないって言ったから」と。


「それって!」と言ったけど主人も私と同じ気持ち、

゛それなら痛い思いはさせたくない゛と思ったと思う。


あまり会話もない。

重たい空気が夕方まで続く。


16時になってもまだ病院から連絡がない。

でも゛そろそろかもしれない゛と用意し始めた時に

「今から麻酔をかけてCTを撮ります」と連絡が。


「今から病院へ向かうけどCTの結果もわかりしだい連絡して下さい」と念を押す。



他の子達の事は主人に任せて再び病院へ。

そして運転中に病院から連絡が。

「CTでは転移が見られないので、そのまま手術に入ります」と。

運転中だったけど、初めてその日に明るい声が出た。


よかった! 本当によかった!


すぐに主人にも連絡を。

もちろん大喜び。


病院の待合室で手術が終わるのを待つ。

長くもあり、短くもあり…の時間だった。


「手術が終わって麻酔から覚めました」と看護士さんが伝えに来て下さる。


「ちょっとだけお顔見てもいいですか?」


そしてちふかのお顔を見に行く。

麻酔からはまだ完全に覚めていない感じだけど

大手術をしたにも関わらず、いつものちふかだった。


その日は入院の予定。

夜にもう一度だけ会いに来ると言ってまた一旦おうちへ。


主人がちゃんとクレアとみみんにお薬を飲ませたかが心配。。。


19時頃、また病院へ行く用意をしていたら

病院から電話が。


「ちふかちゃん異常に興奮して鳴き続けているから

鎮静剤を使いたいけどいいですか?」と。


想像がつく。

目を充血させて、いつもの大声で鳴いているんだろう…


鎮静剤を使うことを承諾して、急いで病院へ。


病院へ入るなりちふかり声が奥から響いてる…


゛鎮静剤も効いてないのかな…゛


入院のお部屋へ案内してもらうとちふかがケージで暴れている(>.<)

他に入院患者さんもいるのに、これじゃみんなたまったもんじゃない…



院長先生が「このまま暴れていると体温が上がり過ぎて

熱中症になる可能性もあるし、こんなに元気なら

入院しないで今日帰ってもいいよ」と。


(゜ロ゜;)エェッ!?

「帰ってもいい?」


入院はイヤだけど、そんなに大手術をしたちふかを

おうちで見るのも正直怖かった。


「傷口パクって開かない?」


「大丈夫」


「抱っこもできる?」


「抱き方さえ気を付けたら大丈夫」



まだ痛み止めと抗生剤の点滴の途中だったから21時にお迎えに行くことに。


駐車場から主人に電話。

主人もびっくり!


いつもちふかとしいなは仲良く同じケージでzzzしているけど

今日はちふかだけにした方がいい、とか、

ちふか、興奮してまた誰かに八つ当たりするかもしれないから

ちふかが到着する頃にはみんなをハウスさてとく方がいい、とか色々相談する。


21時のお迎えだとおうちに帰ったら、すぐにまた出ることになるから

待合室で待つことに。



21時を過ぎてお腹から後ろ太ももにかけてグルグル巻きになった

ちふかが普通に歩いて待合室に登場。


゛(≧◇≦)エーーー!もう歩けるの?゛

これにも驚く。


ちふかのお顔は私に会えた嬉しさでいっぱい(笑)

暴れる暴れる…


「よく頑張ったね~」という言葉よりも

「おとなしくしなさい」が第一声だった。


明日から毎日消毒に来ること、

お水は少しずつあげること、

その日のごはんは普通の量の1/3だけあげていいこと等々

注意を先生から聞いて、いざおうちへ。


いつもなら後部座席に飛び乗るけど

さすがに飛び乗ろうとはしない。

抱っこして乗せるのがまた怖い。


急いでおうちへ。


おうちへ着くなりお部屋中をチェック。

普通に歩いている。


お水をのんで、ごはんを食べてちょっと落ち着いた感じ。

ちふかがゴロンとする所する所、血がついている。


゛本当に大丈夫なのかな…゛


疲れただろうと、しいなを出してちふかはケージへ。


しいなは私とベッドで寝るしかないかな…と思っていたら

ちふかがキュンキュン泣く。

「痛いのかな…そら痛いわ…」と主人と話す。


主人がしいなをケージに戻すと、ちふかのキュンキュンが止まる。



しいながいなくて寂しかったのね…ちぷ…



本当なら徹夜でちふかを見てあげるのが普通なのかもしれないけど

私、とっても疲れていたため朝まで爆睡(*_*)


翌日から毎日病院通いが続いた。


カラーを嫌がるので子供用のシャンプーハットを使う。

20130820-01.jpg


8月6日頃には、いつものようにへそ天で寝る…

20130820-02.jpg





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。