プロフィール

JuJuママ

Author:JuJuママ
パパとJuJuママ
7チワちゃん2BUHIの
2人+9匹家族♪


大阪府在住♪


★7CHIWA+2BUHI★


★長男…わち 14才★
1997.11.3生まれ
2012,10,2 虹の橋へ…  
享年14才11ヶ月 DSC_0075-1.jpg   
★長女…クレア 18才★
1998.9.18生まれ
2017.1.2 虹の橋ヘ
享年18才4ヶ月 curea-1.jpg
★次女…みみん 14才★
2001.4. 6生まれ
2015.6.25虹の橋へ
享年14才2ヶ月 mimin-1.jpg
★次男…もおも 13才★
2004.11.20生まれ DSC_0330-1.jpg
★三女…ありん 12才★
2005.11.10生まれ arin-1.jpg
★四女…こもも 12才★
2005.11.27生まれ 0806-gg-1.jpg
★三男…はあむ 10才★
2006.6.18生まれ haamu-1.jpg
★五女…ちふか 10才★
2007.1.29生まれ chibi 5408-1
★六女…しいな 9才★
2008.5.18生まれ DSC_0159-1.jpg

お友達リンク


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は大変でした。。。


ちふかも同じ手術をしたことがあったけど

それほど出血もせずにあっという間に終わったから

しいなの時もそうだろう…と考えていました…


私がしいなを抱っこして前足を持ち、看護士さんが後ろ足を持ってくれて

しこり付近に局所麻酔を。

麻酔がきいてきたところで丸いメスをしこりにあてて

クルクル回すと丸く切れて、切れた部分をピンセットで取り出す。


そこまでは順調だったんだけど

そこからの出血がすごくて。。。

血管をひねって止血をするけど出血が止まらず!

当てているガーゼはあっという間に真っ赤だし、血は流れてくる。


ガーゼが真っ赤になるスピードが早くて早くて。


しいなも麻酔が切れてくると痛くて暴れるから

声をかけながらしいなをギュッと持って再び局所麻酔。


それでも出血はなかなか止まらなくて

何度も院長先生に「大丈夫?」と聞いてしまう。


やっと出血が少なくなったと思ったら、しいなが動くと再びドクドク。


しいなにずっとついていてあげたかったけど

ずっと力を入れてしいなを持ってたから私の腕の筋肉が

ピクピクしだして…

そのピクピクがブルブルに変化して…

「もう限界です~」と院長先生に泣き言を。。。

(あれ以上持ってたら絶対腕がつっていたはず(>_<))



院長先生も「出血が止まらないから電気メスで止血する方がいいから

手術室で鎮静剤を使って処置してくる」と言われ、しいなは奥へ。


私のお洋服にはしいなの血がいっぱい。


かわいそうに…

たくさん出血しちゃって(涙)


しばらく待っているとまだ鎮静剤が効いてぐったりしているしいなを

連れて来て下さる。

手術跡を見ると出血は止まって4針縫ってありました。


しいながシャキっとするまで診察室で待ち、

出血も多かったので皮下点滴をしてもらって

無事におうちに帰ることができました。


帰ってから少しだけお水を飲ませて

ちふかの待つケージにハウスさせて夕方まで安静に。。。


夕方になってケージから出すと…

20131030-1.jpg

痛いのか…

かたまってなかなか動かず(>.<)



スポンサーサイト
ちふかの手術後、先生のお許しが出たので

ちふかとしいなと一緒にランに行ってきました♪

20131028-1.jpg

20131028-2.jpg


ラン大好きちふかは駐車場に着く頃からソワソワ。


夏前からランには行けなかったもんね…


ランに解き放たれるやいなや走り出す2匹♪



ちふかの乳腺腫瘍からしこりにとても敏感になっています…


それがぁ。。。

しいなの乳腺にも小さなしこりを発見(涙)


左側の下から2番目の乳首ちゃんの横に

ゴマくらいの大きさのしこりを見つけてしまいました…


20131025-1.jpg

もうイヤ…(泣)






またパックリ開いてしまったら怖いので

徐々に治っている部分を抜糸していき…

20131018-2.jpg


赤くて少しクジュグジュしている所にお薬を塗って…

20131018-1.jpg



そして10月16日!

全部の抜糸が終わりました♪

20131018-5.jpg

20131018-4.jpg

あれだけ痛々しかった手術跡もこんなに綺麗になりました♪


ごはんの後のおリンゴの時間。


おリンゴを切っている間にクレアがはしゃいで

走り回るんだけど、カメラを発見すると走るのを

やめちゃうから、なかなか撮れなかったけど…


やっと撮れました♪





途中で撮られているのに気付いて走るのをやめたけど

いつもはおリンゴをむき終るまで何周も走ってます(笑)


クレアの走りを見る限り…

おばあちゃんだとは思えません(*≧m≦*)



ちふか、復活しました♪

20131010-1.jpg


漿液を抜くためのドレーンを抜いてから

皮膚の中に漿液が溜まりだしたので毎日通院して

注射器で抜いていたけど

炎症を抑えるため、ステロイドを飲むと

劇的に漿液が溜まらなくなって、次の再診は土曜日です。



手術跡はまだ痛々しいけれど…

20131010-2.jpg

赤みもだいぶひいて、抜糸できるところは少しずつ抜糸もしていってます。


10/1 お腹に入れていたドレーンを抜く。



漿液がまだまだ出ているけど、これ以上足の浮腫みと

空気が入るのはよくないから。


ドレーンを抜いて足の浮腫み、空気を出すよう圧迫するために…

20131004-10.jpg

20131004-11.jpg

包帯をきつく足に巻いたのでした。


もちろん治療の一貫だから笑っちゃダメなんだけど

奥の処置室から裸んぼうでカエル足になった、ちふかが出てきた時は

ゲラの私は思わず吹き出してしまいました(笑)


先生も笑ってた(*≧m≦*)

「包帯ピンクがよかったかなぁ」って(笑)

ピンクならまだカエルに見えなかったのかも…

20131004-12.jpg

ダメ…

何回見ても笑ってしまいます(笑)



1日2回の通院はハードだった…

若くないって実感した(笑)


でも車が揺れる度に、ちふかはもっと痛くて大変だったと思う。。。


病院へ行く度、漿液でビチョピチョになったガーゼを交換する。

漿液の量だけじゃなく、膿のにおいがしないか…等、細かく診て下さる。


ドレーンがずっと入っているから、そこから空気が入ってきてしまい

ちふかの両足が浮腫み、握るとぶちぶちと空気がわかる。


先生とちふかを立たせて足をマッサージすると

ドレーンの先からポタポタと漿液が落ちてくる。。。


この状況が6日続いた。


おうちでは…

20131004-3.jpg

20131004-4.jpg


特に何もできず…

足の浮腫みがなくなるようにマッサージを。

でもマッサージをしてもしても空気のプチプチは消えず。


漿液がこんな出るのが心配だったけど

これだけの大手術なら出て当然だし、中に溜まると

縫っている部分によくないから出る分は出してしまう方がいいと。


9/24 火曜日 

ちふか、今度は左側乳腺全摘の大手術の日。


この日から主人がお休みだった。

大変な毎日が始まるからちょうどよかった!


朝から重たい空気再び…


午前中にちふかを病院へ連れて行き、手術に向けての

色々な検査のため病院へあずける。


この時が一番辛い…何度経験しても。


また前回と同じように麻酔の前に電話をしてもらい

それからCT検査、転移がなければ手術。



16時頃「今から麻酔をかけてCT検査をします」と病院から電話。


みんなの事は主人に任せて病院へ。


待合室で待たせてもらう。



先生が来られて「CT検査では転移がなかったので今から手術を始めます」と。


転移が見つからなかったことにまた安堵。



それからが長かった。





今日はわちの命日です。

20131002-1.jpg


もうわちが亡くなってから1年…

とても早く過ぎた1年だったように感じます。


一年前の今頃の事は亡骸でも、わちはここにいたんだなぁ。


まだ触ることもできた。

わちのにおいをにおうこともできたし、わちの感触も感じられたのに。



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。