プロフィール

JuJuママ

Author:JuJuママ
パパとJuJuママ
7チワちゃん2BUHIの
2人+9匹家族♪


大阪府在住♪


★7CHIWA+2BUHI★


★長男…わち 14才★
1997.11.3生まれ
2012,10,2 虹の橋へ…  
享年14才11ヶ月 DSC_0075-1.jpg   
★長女…クレア 18才★
1998.9.18生まれ
2017.1.2 虹の橋ヘ
享年18才4ヶ月 curea-1.jpg
★次女…みみん 14才★
2001.4. 6生まれ
2015.6.25虹の橋へ
享年14才2ヶ月 mimin-1.jpg
★次男…もおも 13才★
2004.11.20生まれ DSC_0330-1.jpg
★三女…ありん 12才★
2005.11.10生まれ arin-1.jpg
★四女…こもも 12才★
2005.11.27生まれ 0806-gg-1.jpg
★三男…はあむ 10才★
2006.6.18生まれ haamu-1.jpg
★五女…ちふか 10才★
2007.1.29生まれ chibi 5408-1
★六女…しいな 9才★
2008.5.18生まれ DSC_0159-1.jpg

お友達リンク


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わちがいない毎日にも少し慣れてきました。


わちを思い出すと悲しくなるのは変わりはないけど…

わちはきっとまだこのおうちにいてくれている気がします。

ただ、触ってあげられない事が悲しい…


でも「みんなも見てあげて」ってわちが言ってる気がします。


スマホからわちのお写真を見つけました。

20121014-1.jpg

こんな風にクリクリお目目でいつも見てくれてたわち…

可愛い可愛い我が家の長男です。


今思うと、ヨロヨロになりながらも自分でおトイレに行って

最後まで手のかからない本当にいい子でした。


大家族だからママの手を煩わしたくなかったのかな?と

またわちの気持ちを思って悲しくなってしまうけど

本当にいい子のまま、旅立ったわち。。。


優しい子でした。


パパと2人で出かける時は小さなカプセルに入れてもらった

わちの骨と歯を持って出ます。

20121014-2.jpg

歯がひとつ、尻尾の一番先の骨、指の骨です。

骨まで可愛いね…わち。



相変わらず、みみんの様子はおかしく…

私ばかり見ています。

わちのお写真を見せるとじっと見てるみみん。

「ここにわちはいるから大丈夫」とみみんに言いながら

自分にも言ってる気がします。


わちの事に気がとられてクレアの14歳のお誕生日を

すっかり忘れてしまっていました(>.<)

20121014-3.jpg

ごめんね…クレア。


少し心臓に雑音があるので1種類だけお薬を飲んでいるけど

食欲旺盛でとても元気です。

高齢ちゃん達がいるから私も頑張らなきゃ!


頂いていたコメントやメールに少しずつお返事を書いていくので

お時間のある時に覗いて下さいね。









スポンサーサイト

わちが亡くなって1週間経ちました。


先週の今頃はまだわちがいたんだなぁ…


昨日が初七日だったのですが

全く宗教心のない私は特に何をするでもなく…


ただ、わちの場所をわちがいつもいた場所から

一番リビングが見渡せる場所に移動させました。

20121009-1.jpg

ここならみんなが見えるから、わちも寂しくないよね。。。


たくさんのいい香りのするお花に囲まれて

わちは幸せだよ。。。


nonnonmama、てるちん本当にありがとうm(_ _"m)ペコリ

同じマンションの方にもたくさんお参り頂いて、わちは幸せ者です。


まだ気持ちは変な感じで…

わちが絶対おうちにまだいるから、おうちにいてあげなくちゃ…

という気持ちと、用事で出かけた後は、この寂しいおうちに

帰りたくないって気持ちが常にあります。



不思議な事もあります。

もうお香はたいていないのに、ふとお香の香りがしてきたり

わちの骨壺を抱いていると、両手が温かくなったり…

夜中、決まった時間にKY・はあむが鳴いたり…


きっとわちはまだこのおうちにいてくれているんだと思います。


20121009-2.jpg

20121009-5.jpg

きっとこんな可愛い笑顔で、おうちにいてくれてると思います。



私が悲しい顔をしているからか、

わちがいなくなってしまって寂しいからなのか

みみんちゃんが不安定になってしまいました。。。

常に私を見ています。

私がみみんを見ていないとキュンキュンと…


椅子の上にいても見ているから下そうとすると嫌がるのに

またずっと見ています。

「わち君は?」と聞いているようでとても辛くなります…


「わちはちゃんといるよ」と抱っこして、わちのお写真を見せると

わちをじっと見ているみみん…


わちについて行かないか…少し心配です。




そうそう。

KY・はあむは全く変わらずで…

わちにお供えしているごはんを狙ったり…

こんなお写真も出てきました…

20121009-4.jpg

なんてフトドキモノなんでしょう(=_=)


わちもきっと笑っているね…



わちが亡くなって…


わちを綺麗にふいてあげ、わちが似合っていたお洋服に着替えさせて

いつも夜寝ていたベッドに。


遺体がいたまないようエアコンを入れて保冷剤も下に入れました。


20121007-1.jpg

とても穏やかなお顔で…

冷たい以外は本当にいつものわちの寝顔でした。


それから何をどうしていいかわからず…



とりあえずお線香の代わりにお香を。


パパにお花を買いにいってもらい…

私はわちが寂しがるからそばを離れませんでした。


冷たい冷たいわち…

次第に硬直して硬くなってしまって…

でも肉球だけは柔らかいまま…

いつもの肉球と変わらないのに…




夜になって。


いつもはダイニングの椅子の上にいるみみんちゃんが

下に下りたがり、下してあげると。。。

20121007-3.jpg

20121007-05.jpg

わちの下に保冷剤を敷いていたから冷たいはずなのに。。。


20121007-2.jpg

もおももわちがいなくなってしまったこと…わかるんだね…

20121007-7.jpg

20121007-08.jpg


大家族になる前…

わち、クレア、みみん、もおもだけの時が長かったから…

みんな、わちに遊んでもらったり優しくしてもらって

成長したんだもんね…

わちに「ありがとう」してるんだね…


20121007-6.jpg

ちふか…何を思ってるの?

もうわち、亡くなっちゃったんだよ…

さようならなんだよ…



朝になっても、みみんはわちから離れず…

20121007-09.jpg

余計に涙がでます。


ずっと一緒だったクレアは

ダイニングの下から出てこず…

「クレア、わちにありがとうって言わなきゃ」って呼んでも

通りすがりにわちをチラっと見るだけですぐにダイニングの下に。


でも今考えると、クレアはクレアなりに悲しくて寂しくて

全部わかっていて、きっと最後までお別れを言えずに

いたのかもしれないなって思います。



わちの何もかもがなくなってしまうのがイヤで

お耳の毛と爪を残しました。

20121007-10.jpg

本当はよくないのかもしれないけど

わちの体の一部が欲しかったのです。




たくさんのコメント、メールをいただいているのに

お返事もできずにごめんなさい。


もう少し気持ちが落ち着いたら、きちんとお返事を

書かせてもらうのでお許しください。。。




わちが亡くなる前の夜の事…


わちのお顔が私のマクラの隣にくるように寝ていました。

真っ暗にすると不安そうなので、少しライトをつけて。


一日起きていたから早く寝るのかなと思って見ていたら

暗くなっても目を開けていたので

「寝なあかんよ」と、わちの目と目の間から頭を

指で撫ぜていると、わちは目をつぶっていました。


目をつぶってからも撫ぜていて、撫ぜるのをやめても

目をつぶっていたから゛寝たかな゛と…

私もいつの間にか寝ていました。


わちの寝言が聞こえてきました。

お友達の皆さんも我が子の寝言を聞いたことがあると思います。

吠えているような話しているような小さな声の寝言でした。


「寝言言ってる…」とわちのお顔を見ると

わちのお目目は私を見ていました。

寝言ではなかったのです。

わちは起きていました。

夜中の2時半過ぎでした。


20分程何か言い続けて、また目を閉じて眠りだしました。


この時は深く考えなかったけど

わちが亡くなってしまった今思うと、

何か必死にお話してくれていたんじゃないかと…


わちにはもうすぐお別れがくるってわかっていたんじゃないかと…


「ママ、もう少しでお別れなんだよ」って話してくれていたんじゃないかと…



あの時に抱きしめてあげていればよかった。


後悔してもしきれません。




わちが亡くなる2時間ほど前、

気持ちいいお日様がはいっていたので

日向ぼっこをさせてあげました。

20121005-1.jpg


20121005-3.jpg


まぶしい日差しにわちは目を細めていました。


窓を開けて気持ちいい空気も…

20121005-2.jpg

お鼻をヒクヒクさせてお外のにおいを感じていたわち。


これが生きていたわちの最後のお写真になってしまいました。








わちがお骨になってしまいました。

20121004-1.jpg


悲しみは減るどころか増す一方で…

わちがいつもいた場所を見ては悲しくなり、

ごはんのお皿を見ては悲しくなり、

いつも飲んでいたお薬をつい、作ってしまいそうになり

もうわちはいないんだ…と思うと涙があふれます。


骨壺を撫ぜては、わちの感触を思いだし

最後に着ていたお洋服をにおって

わちのにおいを探してしまいます。


愛犬の死がこれほど悲しいことも初めて知りました。


この悲しみはいつか和らぐ時が本当にくるんだろうか…




わち…

わちからママは見えるの?

ママを触れるの?


ママはわちを全く感じられないよ…

霊感があったらわちを感じられたのかな?



わちに会いたくてたまりません。





10月2日 午前10時15分

わちが天国へと旅立ちました。


小さな体で一生懸命生きた14年だったと思います。



今はわちが一番似合っていたお洋服に着替えて

穏やかなお顔をして眠っています。


今日は家族みんなで最後の日を過ごして

明日、永遠のお別れをしようと思っています。



一日でも長く、穏やかにとお祈りして下さっていた

お友達の皆さん、本当にありがとうございました。





昨晩からお耳や肉球が冷たくなってきた。

寒いのかと思って毛布をかけると嫌がって出てしまう。


先生に電話で聞くと

「血流が悪くなってきて体の末端にまで血液が

循環しにくくなっていると思う。

わち君自身は寒いとかそういう感覚ではないはずだから

嫌がるなら毛布はかけなくていいですよ」と。


そして「もし飲んでくれるならおかゆをトロトロにして

お口にいれてあげてみて」


早速、トロトロのおかゆを注射器であげるも

イヤイヤする。

やっぱりイヤだよね…


もう嫌がることはしないよ…



今朝はパッチリお目目でいつもの可愛いわちのお顔。

20121001-4.jpg

元気な時と何も変わらないお顔だね…わち。






 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。